the beautiful elements of ourselves


by yumiyan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Yoga ・ Ayurveda

京都や大阪のヨガスタジオや
プライベートコミュニティで
ヨガやアーユルヴェーダの
クラスを開催しています

ヨガの案内人は
yumiyan(ゆみこ)です

◎プロフィールは
こちらです →☆

◎毎月の予定一覧 →☆


::ヨガスケジュール::

◆あめつちヨガ◆
(京都・北野白梅町)
オープンクラス
プライベートクラス

*毎月の日程詳細はこちら



◆原っぱヨガ◆
SEWING TABLE COFFEE

(枚方・星ヶ丘)
日程が決まり次第掲載します

*詳細はこちら



◆芦屋川のあめつちヨガ◆

(芦屋・水車谷)
11/28(水)、12/26(水)
各10:30~

*詳細はこちら



◆ヨガスタジオTAMISA◆
(京都・寺町三条)

ヒーリングハタ
毎週 木 15:30~

朝ヨガ
11/4(日)、11/25(日)
各 8:00~




◆丹治操茶道稽古場◆
ハタヨガ
毎週 木 19:30~



◆出張ヨガ◆
出張ヨガクラス(少人数より)出張プライベートレッスンも行っております

こちらまでご連絡くださいませ

icigiku@gmail.com








最新の記事

I am
at 2018-12-05 07:07
12月のスケジュール
at 2018-12-01 09:09
It's a sweet m..
at 2018-11-21 09:03
11月のスケジュール
at 2018-10-31 11:11
約束
at 2018-10-27 07:07
11/2(金)アーユルヴェー..
at 2018-10-26 09:09
11/10 蝋燭の灯りのもと..
at 2018-10-18 11:18

カテゴリ

全体
yoga案内
yogaクラススケジュール
アーユルヴェーダ
イベント案内
profile
あめつちヨガ(北野白梅町)
星ヶ丘原っぱヨガ
芦屋川のヨガ
いろいろ
india
イベント報告
おきなわリトリート2014
cafe dal+pooヨガクラス
名古屋のヨガクラス
船岡山ヨガクラス
カフェ柴洋のヨガクラス

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

2018年 10月 07日 ( 4 )

11/3・12/3 漕ぎ出す・ヨガニードラ @あめつち

a0201204_09545988.jpg


11/3(土祝) | 12/3(月)
『 漕ぎ出す・ヨガニードラ 』
@ あめつち



一日の時間の中で
さもすると家事や仕事で外の環境とやりとりすることばかりに時がすぎていき
ホッとするお風呂やお布団に入ってもあれやこれやと
頭の中がおしゃべりしていることが普通になってくると
身体もこころも本人に聞いてほしかった声をひそめて黙ってしまうから
深いところの声を静かに聞き入る練習を毎日に すこしでも、すこしでも、、



自身の正直な心にも身体にも思い巡らせ
わたしが乗ったこの舟はどこに漕ぎ出したいのかな、と確認をしてゆく練習を行います。


まいにちの自分の時間にも取り入れられるお守りのようなことばをみつけ
自身にエネルギーが巡る様子を意識し、ゆっくりと正直で純粋な内に辿り着く練習です。


実際には、どなたも無理のない姿勢で出来るヨガニードラといわれる練習方法を主に行っていきます。
身体のすみずみまで寛ぐ意識をひろげる方法はとても深いリラクゼーションとも、ガイドされた瞑想ともいわれます。
強張った心も身体もゆるまったときにやってくる内の声に耳をかたむけ、備わったあらゆる感覚をとぎすませます。


今回は、とても大切な友人rintohitsuji Rinnちゃんに作っていただく蝋燭の灯りも借りていきます。
おうちでも蝋燭いつでもを灯せるようにお持ち帰りいただく蝋燭も準備いたします。


ヨガニードラとは:
仰向けの姿勢で行い、ガイドの声を聞きながらからだの内側隅々まで意識を向ける誘導方メディテーションでもあり
心身の深いところからの静かなリラクゼーションを体験するヨガの練習の一つ。
ヨガを始めたばかりの方でもしっかりからだを動かすことが好みの方までどなたでもご参加いただけます。


a0201204_10155429.jpg


『 漕ぎ出す・ヨガニードラ 』

2018. 11/3(土祝) | 12/3(月)
各15:00~18:30

あめつち(京都・北野白梅町) にて
詳細はご予約をいただきました折にお知らせいたします

参加費 8000円 (rintohitsuji 蝋燭のお持ち帰り分込み)
定員 2名
持ちもの:筆記用具(マットはこちらで準備いたします)

*寝転びやすい服装でお越しください。ブランケットやマットはこちらで準備します
*どちらの日程も同じ内容となります



参加のご連絡は icigiku@gmail.com ゆみこまでお願いします
件名 希望日・ヨガニードラ
お名前、当日連絡がつく電話番号、参加人数を明記ください


案内:yumiyan(ゆみこ)

蝋燭の灯火:Rinn(rintohitsuji主宰)http://rinn-to-hitsuji.com/























[PR]
by hosemin | 2018-10-07 22:22 | イベント案内 | Trackback | Comments(0)

The shape of ametsuchi's light

a0201204_23111788.jpg
The shape of ametsuchi's light
Made by ”rinntohitsuji

Practicing yoga nidra with the harvest moon.


十五夜の夕方
ヨガニードラの時間のために作ってくれた蝋燭を灯す
あめつちのヨガスペースにもずっと足を運んでくれては笑顔をみせてくれる
Rinnちゃんがつくってくれた蝋燭

この蝋燭に浮かび上がる文様はそんな時間の中から受け取って形になったとのことで
かけがえのない時間をすごす灯火としてこの冬をあたたかく照らしてくれそうです


Rinnちゃんの蝋燭を灯した瞬間がらりと空気が変わった
心強い安心感。。



このヨガニードラの時間は、次の春を迎えるまでゆっくり開催いたします
次回は
11/3、12/3を予定しています


詳細はこちらに掲載しました















[PR]
by hosemin | 2018-10-07 22:02 | いろいろ | Trackback | Comments(0)

We've been through it all together

a0201204_22415707.jpg

We've been through it all together.
同じ釜の飯を喰うという諺を思い出した、大分での時間

たのしいことも苦しいことも分かち合った仲間、という意味


そんな人たちがたいせつな時間を紡ぎ合う中で開催し続けてくださっているjamjamjam音楽祭にHulaの仲間たちと参加させてもらった
自分も、そのまま、素直になる

そして大分の時間の半分は、ナマケモノ工房から新たに工房goroneとして国東に新しい暮らしを紡いでいる花さんまるさんのお家にお世話になってしまった
大好きなお二人がこの地であたらしい時間をとても丁寧に愛おしみながらすごしているのがどこかしこからも伝わって、自分はどうだろう、とハッとした
丁寧に用意してもらったごはんをみんなで囲んで頬張ったら、きもちがどんどん透明になっていった



夜、寝転んだら、すごい星だった
大きな流れ星も沢山流れてそれをみんなでみたんだね
うれしかったな、、ありがとう!















[PR]
by hosemin | 2018-10-07 09:09 | いろいろ | Trackback | Comments(0)

大分での時間をありがとうございました

a0201204_23363620.jpg
(”海辺と珈琲ことり”さんのコーヒーをみんなで囲んでいたら海と空がピンクに染まって待ってくれてた!)


9月に訪れた大分では、
大分市内で“LOTUS STUDIO”を主宰するMasamiさんやイケコちゃん
国東の海辺で静かにていねいに珈琲を淹れ続ける“海辺と珈琲ことり”多田羅さんのサポートをいただいて
そして旅の友Mikuちゃんには心からのチャイを用意してもらって、、

a0201204_23374539.jpg

遥か九州の豊かな地に暮らす懐深いみなさんとヨガを介して出会えたことがまたわたしに力を与えてくれる

a0201204_23371422.jpg


yumiyanのヨガは、そうしないといけないことは何もなくて、身体を通じて自由になることをガイドしてもらうような時間


今回ずっと一緒に旅をしたMikuちゃんがこんなことを書いてくれていてなんだかうれしかった


またお会いできますように
ありがとうございました!



















[PR]
by hosemin | 2018-10-07 08:08 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)