雨や土や太陽とヨガの生活


by yumiyan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Yoga ・ Ayurveda

京都や大阪のヨガスタジオや
プライベートコミュニティで
ヨガやアーユルヴェーダの
クラスを開催しています。

ヨガの案内人は、
Yumiko といいます。

◎プロフィールは
こちらです →☆

◎毎月の予定一覧 →☆


::外のヨガ::

原っぱヨーガ
@枚方・星ヶ丘
SEWING TABLE COFFEE
2/3、2/7、2/24
3/7、3/17、3/31

*詳細はこちら



芦屋川のあめつちヨーガ
@芦屋・水車谷

1/24(水)、2/26(月)
各10:30~

*詳細はこちら



::アーユル講座::

研ぎ澄ます
@あめつち
2/4(日)11:00~14:00

蝋燭の灯りのヨガニードラ
@あめつち
2/4(日)16:00~
2/12(月・祝)16:00~

*それぞれ詳細は近日アップ



::ヨガスケジュール::

◆あめつち (北野白梅町)
オープンクラス
プライヴェートクラス

*日程詳細はこちら


◆ヨガスタジオTAMISA◆

Healing Hatha
木 三条15:30~

朝のHatha yoga
三条8:00~
1/14(日)、1/28(日)
2/11(日)、2/25(日)

ヨガニードラ
1/14(日)三条10:30~

アーユルヴェーディックヨガ
2/25(日)三条10:00~





◆丹治操茶道稽古場◆
Hatha class
木 19:30~



◆出張ヨガ◆
出張ヨガクラス(少人数より)出張プライベートレッスンも行っております

こちらまでご連絡くださいませ

icigiku@gmail.com








最新の記事

2/4. 2/12 蝋燭の灯..
at 2018-01-18 13:13
原っぱヨガのスケジュール20..
at 2018-01-18 11:18
正月の風景
at 2018-01-07 14:50
2018年1月のスケジュール
at 2018-01-04 21:21
12月のスケジュール
at 2017-11-30 18:15
12/4 『光とともにある練..
at 2017-11-05 21:12
11/15 日日アーユルヴェ..
at 2017-11-03 11:11

カテゴリ

全体
yoga案内
yogaクラススケジュール
アーユルヴェーダ
イベント案内
profile
あめつちヨガ(北野白梅町)
星ヶ丘原っぱヨガ
芦屋川のヨガ
いろいろ
india
イベント報告
おきなわリトリート2014
cafe dal+pooヨガクラス
名古屋のヨガクラス
船岡山ヨガクラス
カフェ柴洋のヨガクラス

以前の記事

2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ときどき外

a0201204_1101969.jpg

ときどき、みんなで外でヨガをします。

主に、御所でさせてもらうのですが、
しかも、いつも、同じ木の下で、させてもらうのですが、
あるときは、草が茫々と茂っていたり、
あるときは、雨上がりだったり、
あるときは、とっても虫が多いときだったり、
あるときは、燦々と太陽の光をうける日だったり、
毎度毎度、その季節を直接味わわせてもらいます。
a0201204_1375288.jpg

今日は、この夏初めての蝉の声を聞かせてもらいました。
7/2 土曜日、晴れ。

夏が大好きな理由には、蝉が鳴いているから、と張り切って言えるほど
蝉の鳴き声好きです、
蝉で昼寝、蝉でヨガ、すばらしい夏です。

毎年、蝉の声を聞いた日をメモしてきましたが、
毎年のことを当たり前に迎えることに、今年はいつにも増してうれしさがありました。
a0201204_1385875.jpg

年代の差なく集まって、もうヨガでなくてもなんでもいい、
気持ちがいいなぁと感じられる場所があることに、今日も感謝しながら。
a0201204_1404485.jpg

a0201204_1411425.jpg

寒くなるまで、外でたくさん深呼吸をしたいと思います。
a0201204_112750.jpg

いつもの大きな木とわたしを一緒に、中川さんが撮ってくれました!
いつもヨガの写真がないの。ありがとう!!
[PR]
# by hosemin | 2011-07-03 01:43 | いろいろ | Trackback | Comments(2)

“つながる” 週末ワークショップ報告

木陰がここちよいですね!

先週末、tamisaスタジオで、
わたしのヨガの先生である、サントーシマ香先生による
「アディヨガ」と「アーユルヴェーダ」のWSが開催されました。

tamisaのblogにつづった報告と同じものですけど
こちらでもシェアさせていただきます。

-------------
a0201204_2016499.jpg

土曜日の「アディヨガ」は、
香先生の“ざくろジュースを飲ませてください”、という挨拶から始まりました。

(ざくろは抗酸化食品なのだそうです!)

さて、そんな突拍子な感じも、ニコ~っと笑顔で言われるので、みんなもその空
気に巻き込まれて大丈夫です。

そんなほんわりした先生の雰囲気に、
リラックスしたヨガにちがいない、と思っていましたが勘違いしていたかも、と
参加くださった方から伺ったことがあります。

アディヨガでは、とても力強いダブルクンバというおなかにも胸にも呼吸を満たす
身体全体を使った呼吸を行って、
“いま”を身体のすみずみまで味わっていきます。

シンプルなポーズも、ダブルクンバで「しっかり吸って~、しっかり吐ききって」と
さっきのほんわかした香先生の雰囲気とは一転、力強い導きに変化していきます。

どんなところに注意を向けたらより深まるのか、
どういうイメージで行ったらより自身の感覚につながりやすいか、

すべての言葉がけが、自分自身とつながるあの手、この手のように
その可能性ある言葉から、ポーズの中でどんどん自分が広がっていくことを感じます。

香先生のクラスは、それがとっても気持ちがよいのだなぁ、と改めて思いました。


どんなひねくれた猫もなつかせる技をもった猫おじさんのように
「わたしなんて、、、」と少しいじけた自分も、「わたしも結構大丈夫かも!」
と思わせる、そういう大らかな導きです。

でも、その暗示をかけるのは、香先生ではなく、自分自身なのかもしれません。
自分の身体や心と丁寧につながる行為を一つ一つ積み重ねた結果なのかも!


みなさん、きっと土曜日のWSの後に感じられた、
自分と近づく感じを味わうことができたのではないでしょうか。


a0201204_2017883.jpg

日曜日は、アーユルヴェーダ「ワンデー集中講座」。

副題は、
~放射線の共存する時代のアーユルヴェーダ~ です。


本当に、わたしたちの生活は、これからどうなってゆくのでしょう。

北は福島から、南は鹿児島まで、たくさんの方に参加いただきました。


「まだまだ、これからどうなっていくか誰にもわかりません」という言葉から、
集中講座が始まりました。

アーユルヴェーダは、
直訳するとサンスクリットで「生命の科学」という意味がある、予防医学です。

誰もがもって生まれた各々の100%フルに満たされた生命を生かしきるための智慧と、
それぞれの体質をバランスする生活の提案を、ワークショップの中で説明くださいます。

アーユルヴェーダでは、朝にしたほうがよいこと、として、

朝は日の出の頃に起きる、
お白湯をのむ、
オイルマッサージをする、
舌苔をとる、、、

など、続きます。

え!そんなにいろんなことするんだ、、、
早起きしなくっちゃね、、、

とこれを聞いただけですでにアーユルヴェーダアウト、となってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でもその中でも自分ができそうだなと思ったこと一つだけでも、
生活に取り入れて続けてみることが、
自分とつながる第一歩が始まるのだと思います。

わたしは、二年前から、
朝起きぬけに、お白湯を一杯飲むことから始めました。

お白湯を飲むと、おいしいなぁとしみじみと感じる日もあれば、
え、今日はぜんぜんのどを通っていかない、という日もあって、
毎日続けると、自分とお白湯の関係がとってもおもしろいものになっていきます。

いろんな効果が出てくるのは、もしかしたら、続けた結果の付録のようなもので、
「わたし毎日続けてるもん」という意識が、
自分を内側から変化させていくのかな、と思います。

これは、前日のアディヨガのWSとも少しつながる、
内側からの満たされた感じ。


「自身が満たされた状態に保てば、乗り切れます、その笑顔がまわりも明るくします」

という香先生の言葉が、印象的でした。


先週末に感じた、  “つながる”   という感覚。


自分と他者のつながり、
自分と社会とのつながり、
自分と大自然とのつながり、
自分と自分自身へのつながり、、、


生まれてから息絶えるまで、ずっと一緒にいる自分の、
自身の第一の応援団でいることを、誓うワークショップの週末でした!


yumiko
[PR]
# by hosemin | 2011-06-27 20:23 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

文月のヨガ@名古屋

a0201204_1013289.jpg

袖なしの季節到来ですね!
今年の梅雨は、いつもより楽しめています。
なんでだろ、梅雨が長すぎてそれが日常になってしまったから?
梅雨の晴れ間もたっぷりあるから?


さて
7月も、名古屋でヨガを行います。

あたたかくなって、身体もきもちよく動かせる気持ちになってきましたから、
少し汗をかくようなチャレンジをするポーズも含めて、
心も身体も広がるヨガになる予定です。


◆名古屋のヨガ案内◆

■日時:7/9(土)15:00~受付/15:15~開始(90分クラス)

■場所:上前津 レンタルスペースアイミック
(中区上前津2-1-24丸富ビル3F/地下鉄鶴舞線・名城線「上前津」駅 5番出口より徒歩1分)

■クラス代:2000円 (ハーブティ・おやつ付き)

■持ち物:ヨガマット(レンタルマット160円・要予約)、身体を動かしやすい服装、
タオル、飲み物など

-----
お問合せ・お申込みは
icigikuアットマークgmail.com
a0201204_1045433.jpg



今日は、四日市にあるいつもとても興味深い絵本のお店「メリーゴーランド」に
clammbonのライブに行かせていただきます。

最近音楽とともにある日々が続いています、


今日も楽しみだなぁ。
潤いある一日を!
[PR]
# by hosemin | 2011-06-23 10:08 | 名古屋のヨガクラス | Trackback | Comments(2)

太陽貯金

a0201204_1450121.jpg

今日もここちのよいハダシ日和です。

この春まで活躍してもらった
誕生日にサプライズでいただいた手紡ぎの糸で編んだ靴下とは、また寒くなるまでしばしの別れ。

アーユルヴェーダを勉強する中で、
すぐに取り入れられる日常習慣を、ひとつ、続けていることがあります。

朝、起きたらお白湯をのみましょう、
いつも、携帯する飲み物をお白湯に変えてみましょう、

と、学んでからは、
二年ぐらい、お白湯で始まる朝を迎えていたら、
ごはんの時だって、お白湯でいいな、となってしまった。


いつもの、おおきなリュックには、保温ポットが毎日入っています。
a0201204_1450189.jpg

ホー、っと一口、
ゴクゴクと、お水の代わりに。


そしたらいつ頃か、
冷えがあんまり感じられなくなったかも。

社会人になってから急になってしまった太陽アレルギーだって、
ヨガを始めて、なくなってしまったかも。

と、ここまで書いて、

ヨガを始めたらこうなるよ、とか、
アーユルヴェーダが身体にいいよ、とか、
そういうことを大きな声で伝えたいのではないのだけど

心の変化が身体にも表れるし、
身体が変われば心もそれにつられるし、

そういう心と身体のつながりを、
ヨガやアーユルヴェーダを実践することで、
自分で実際に体験して、納得してきたなぁ、と
しみじみと思います。


アレルギーが出るからと太陽に隠れるように生活していたときは、
日傘も帽子も忘れたら、キャーっとなっていた。

燦燦と太陽浴びたかったけどできなかったな。
太陽から逃げるという意識のほうが大きかったのかな。


気持ちも、身体も、いつの間にか拡がってきて、
なぜか、いつごろからか
アレルギーがなくなっちゃった。

こころの赴くままに、
これからもいたら、大丈夫だと思う。
[PR]
# by hosemin | 2011-06-09 15:25 | いろいろ | Trackback | Comments(0)

すばらしきわきみち自転車

a0201204_111242100.jpg


大好きなタミサ七条鴨川スタジオは、

その名のとおり、京都鴨川の七条大橋の脇に位置しています。


わたしの住む西陣のあたりから七条までの、自転車でむかう40分の道のりは

あの手この手でわき道を通って旅気分を味わっています。


京都の街は、自転車でどこへでもでかけていけるということがなんともすばらしいです。

歩くことも、自転車も、どっちも、ちょっとわき道に入ることができる醍醐味付きです。


特に、ここのところはずっと高瀬川沿いの小道がすばらしい、
この水無月の緑あふれる季節には、植物たちのトンネル!
a0201204_1122239.jpg

桜の木々が立派に垂れ下がり、
a0201204_11282150.jpg

枇杷の木や、夏みかんの木、朴の木や、無花果の木も、
やまぼうしや、石榴の木や、緑のもみじや、柳の木も、
a0201204_11245354.jpg

紫陽花も、ドクダミの花も、よもぎも
みんな、坦坦と、日々をいとなんでいます。

この道を通ると、

あまりにも、みんな、自分の役割を坦坦と全うしていて、

そこを通ると、いのちの営みそのものをブワっと感じさせてもらって

自分はそういう風に生きているかな、と、背筋をぴっと正しています。



ヨガをした後に通ると、わたしはあなたたちと同じです、という気持ちになる。

甥っ子に会った時も、同じ気持ちになる。
a0201204_11344363.jpg

[PR]
# by hosemin | 2011-06-09 11:49 | いろいろ | Trackback | Comments(0)

梅雨のヨガ@名古屋

a0201204_10303680.jpg


写真はぴっかぴかの太陽ですが
梅雨入りしましたね!

もうすこし太陽貯金をしたかったですが
梅雨は梅雨で、雨の音を存分に楽しみたいと思います。


さてさて、

今年のはじめから行っています、
月に一回の名古屋でのヨガを、6月も開催します。



◆名古屋のヨガ案内◆

心と身体のつながるヨガ

ここで行うヨガは、老若男女、妊婦さんにも、運動が苦手な方にも、

身体の不調を感じる方も、どなたも誰もが取り組める、

自分自身への身体と心へのやさしい働きかけとして行います。

90分全部たっぷりと、自分のためだけにその時間をそそいで

自分と向き合う贅沢な時間をもちましょう。


■日時:6/11(土)13:00~受付/13:15~開始(90分クラス)

■場所:上前津 レンタルスペースアイミック
(中区上前津2-1-24丸富ビル3F/地下鉄鶴舞線・名城線「上前津」駅 5番出口より徒歩1分)

■クラス代:2000円 (ハーブティ・おやつ付き)

■持ち物:ヨガマット(レンタルマット160円・要予約)、身体を動かしやすい服装、
タオル、飲み物など

*次回は、7/9(土)15:00~を予定しています。

-----

京都に住んでいるのに何故名古屋で、とよく質問されますが、、、

生まれ育ったところが三重県の北の方なので
お隣の愛知県名古屋市は、
学生の時も社会に出てからも、とっても馴染み深いところです。

そんなおなじみのみなさんとヨガを一緒にしたいなぁと
月に一回だけですけど、ご案内しています。


土曜の午後に、ひょっこりと身体を動かしに来てみてください




お問合せ・お申込みは
icigiku☆gmail.com (☆をアットマークに変換してください)
[PR]
# by hosemin | 2011-05-28 10:33 | 名古屋のヨガクラス | Trackback | Comments(0)

新潟にて

a0201204_9223139.jpg



さっそくヨガのことでないのですけど、、、


新潟に行ってきました。


無農薬無肥料栽培でのりんごつくりに世界で初めて成功した
青森のりんご農家・木村秋則さんの「自然栽培実習」に参加してきました。


あの、、、
わたくし、ベランダで野菜を作ろうとして何度も失敗している者ですので
えらそうに自然栽培実習で習ってきたのでがんばりますというには
ほど遠いのですが、、、

わたしの実家は、お米もお野菜も自分たちの食べる分はつくっているという
農家の端くれです。

自分たちが食べる分なので、ほとんど農薬は使わないようですが、
草が茫茫だとなれば、手間がかかるので、除草剤を撒く、ということは当たり前で、
草が枯れていくのを見て悲しかったです。

なので、
無農薬無肥料で野菜やお米を育てる、「自然栽培」があると聞いて
これからの農業が変わっていくのかな!とうれしかったです。

しかし
まだまだ農業界では、異端として扱われているのが現状なのですが、
大自然の営みによりそった栽培は、
勉強を続けているヨガと何かが通じているような気がして、
そして、自分の食べるものを自分でつくりたいなあという儚い希望につながって、
今回新潟まで会いにゆきました。



木村さんは、

「りんごは私がつくるのではありません、
 りんごの木が実らせてくれるのです、
 わたしはそのお手伝いをしているだけなのです、

 職業、『りんご手伝い業』。ア、ア、ア、ア、ア(注:うれしそうな笑い声)」


とお話する木村秋則さんと、

午前中は、教室での講義、
午後からは、畑で実習です。

a0201204_9314261.jpg


奥にビックスワンの屋根が見える畑にて、
先月の実習で植えたというトマトの様子とこれからのお世話の仕方について、
みんなの質問を交えてすすみます。

a0201204_932046.jpg


「トマトの苗は、今日はみんなに見られて恥ずかしがっているな、ア、ア、ア、ア、ア(笑い声)」
と木村さん。

「心の中でいいからトマトにがんばって育ってね、と伝えてください」と
アドバイスを下さいました。


木村さんのトマトをみるまなざしが暖かかったです。
わき芽をとるときも、道具を扱うときも、土を触るときも、
どの時も、その手がやさしかったです。


栽培することで大切なことは、技術の前に、

わたしたちは、生きるために、大切に育った命をいただいて生活しているのだ、
ということに気づくことだなぁ、

と、全部言わないけれど、その存在やその言葉の使い方や、表情で、
木村さんが教えてくださいました。


「大事だよ、よくがんばったねえ」

なんて言葉をかけられたら、野菜やお米もうれしくてがんばっちゃうのがわかる気がしました。
わたしだって、うれしいな。


今日も、まずは、自分自身に、そんな風に言える時間になりますように。



ベランダ菜園、今年はあきらめずにやってみます。


---

木村さん、ガンジーに似ているなと、今、写真みてたら思いました!
[PR]
# by hosemin | 2011-05-24 10:48 | いろいろ | Trackback | Comments(0)